サイドバーに凝るより記事下が超重要な理由アイキャッチ

ブログビジネス

トレンドアフィリエイトはサイドバーに凝るより記事下が超重要な理由

「トレンドアフィリエイトのサイドバーはどうやったら効果的なんだろう?」

「最新記事や人気記事とかいろいろ入れた方がいいのかな?」

「スマホで見ている人に向けて、サイドバーはどうしたらいいのか?」

 

WordPressでトレンドブログを構築する場合、サイドバーにどんなウィジェットを設定したらよいのか迷いますよね。

しかも最近はスマホで見るユーザーが増えたので、サイドバーはもはや「サイドに表示されるものではない」とも言えます。

 

今回はトレンドアフィリエイトの場合、「サイドバーはどんな設定をすればよいのか」について鉄則をお伝えします。

結論を先に言ってしまうと・・・

トレンドアフィリエイトのサイドバーはシンプルでOK。

むしろサイドバーよりも重要なのは「記事下」なんです!

 

まずはこちらの動画を見てみてね↓↓

 

それでは行ってみましょう!

 

トレンドアフィリエイトのサイドバーはシンプルでよい

トレンドブログのサイトを構築する場合、サイドバーの作り込みにあれこれ悩む必要はありません。

なぜならネットで検索してやってくるトレンドブログの記事を閲覧する人は「ほとんどスマホユーザー」だからです。

 

トレンドブログの記事を閲覧する人はスマホユーザーが8割以上

ぼくが運営しているトレンドアフィリエイトのサイトのデザイス別の閲覧率データをご覧ください。

トレンドアフィリはスマホ閲覧者が8割以上

 

モバイル・・・つまりスマホで閲覧している人の割合が8割以上なんですね。

これに対してパソコンでの閲覧者の割合は13.8%。

トレンドブログの読者は、圧倒的にスマホユーザーの方が多い

 

トレンドブログにやってくる読者さんは「いますぐ知りたい」人だからスマホで検索する

トレンドブログにやってくる読者さんは

「何となく、いますぐ知りたい」

っていう動機があって、手元のスマホでサクッと検索します。

なのでわざわざパソコンを立ち上げて、ガッツリ検索して調べようとはしないわけです。

トレンドブログの読者はスマホでサクッと検索

 

何となく気になったニュースや話題の芸能人ネタについて

  • 会社の通勤時に電車の中でスマホ検索
  • お昼休みにごはんを食べながらスマホ検索
  • 家でテレビを見ながらスマホ検索

何となく興味があることを、いますぐ調べるっていう感じですね。

 

なのでトレンドブログのサイトを構築する場合は

「スマホで閲覧したときに、サイトがどう見えているか?」

っていうことが超重要になってきます。

 

スマホで見たら「サイドバー」は「記事下」と同じ位置づけ

パソコンで見た場合は「サイドバー」は名前の通り、右か左の「サイド」にあります。

ところがスマホで見たときのサイドバーは、「記事の終わりのさらに下」の位置です。

パソコンとスマホでのサイドバーの見え方の違い

 

なのでスマホユーザーにとってみたら、サイドバーは「記事下」のウィジェットと同じ位置づけなんですね。

 

サイドバーは「記事下その2」の位置づけであることを理解する

パソコンで見るとサイドバーは目につく存在なので、設置するウィジェットにあれこれ悩んでしまう気持ちもわかります。

でもトレンドブログの閲覧者のほとんどはスマホユーザー。

なので「記事下」に位置づけられた「サイドバー」に凝っても、あまり注目されないわけです。

というかスマホで見た場合は、サイドバーが表示される順序は「記事下」よりもさらに下で「記事下その2」のレベル。

スマホでのサイドバーは記事下その2の位置づけ

 

プロフィール_サイドバー04
伊東もとき
スマホで見たら、サイドバーは「記事下その2」と同じ位置づけ!

 

しかも記事の下に

  • 関連記事
  • オススメ記事
  • アドセンス広告
  • SNSボタン

を配置したら、さらにその下の「サイドバー」のウィジェットなんて「ほとんど見られない」状態に。。。

 

そう考えるとサイドバーにあれこれ凝って時間を割くのはあまり効率的ではないですね。

それならばサイドバーは「最低限のコンテンツだけ」を設置して、シンプルにしてしまいましょう。

 

 

サイドバーに配置するのはたった3つのウィジェットでOK

スマホで閲覧する人が多いトレンドブログにおいて、サイドバーに設置しておけばよい3つのウィジェットはつぎの3つです。

  1. アドセンス広告
  2. 人気記事
  3. カテゴリー

 

この3つだけ。

とてもシンプルです。

 

①「アドセンス広告」はサイドバーの一番上に貼る

トレンドブログでアドセンス収入を柱としているならば、「アドセンス広告」を貼るのは必須です。

Googleアドセンスのロゴ

記事を読み終わった読者さんが、アドセンス広告をクリックするかもしれまません。

クリック率はかなり低いのであまり期待はできないけど、念のためサイドバーの一番上に貼りましょう。

またパソコンで閲覧しているユーザーにとってサイドバーの一番上は目立つので、「アドセンス広告」を貼っておくのは収益アップにつながります。

 

②「人気記事」をアドセンス広告の下に設置

「人気記事」は、いま話題になっているネタが並んでいるのでクリックされる可能性が高いです。

また読者さんが読んだ記事と関連した記事が「人気記事」にランキングされている場合、その記事にも興味を持つパターンはよくあります。

トレンドアフィリエイトでは人気記事も読まれる

 

なので「人気記事」のウィジェットを設置しておけば、サイト内の回遊率が高まってPV数の底上げにつながるでしょう。

 

③「カテゴリー」を人気記事の下に設定

「カテゴリー」を設定しておくことで、読者さんが自分の気になるカテゴリーの記事一覧について見てくれるかもしれません。

少しでも回遊率を上げてPVを上げるために「カテゴリー」を設置しておきましょう。

ただトレンドブログにありがちな「ごちゃまぜジャンルのブログ」の場合は、カテゴリーのくくり方が広くなりがちなので「カテゴリー」はあまりクリックされないです。

 

 

ジャンルを絞ったトレンドブログなら「最新記事」を表示させても効果がある

サイドバーに「最新記事」の一覧を表示させることで、回遊率を高める効果があるケースがあります。

それは「ジャンルを絞ったトレンドブログ」の場合です。

ジャンルを絞ったトレンドブログでは、「最新記事」の一覧が効果的

 

例えば「AKBに特化したトレンドブログ」なら、訪れた読者さんはAKBに関する最新記事に興味を持つ可能性があります。

あるいは「サッカーに関するトレンドブログ」なら、最新のサッカーの話題に関心があるので他の記事も読んでくれそうですね。

なのでサイドバーに「最新記事」のウィジェットを設置しておくと効果的です。

トレンドアフィリエイトでジャンルを絞れば最新記事も読まれる

 

ただこれはジャンルを絞ったトレンドブログでの傾向と考えてください。

ごちゃまぜジャンルのトレンドブログの場合は、「最新記事」に表示される記事の内容もごちゃまぜになってしまいます。

なので訪問してきた読者が、「最新記事」に表示されたバラバラのジャンルの記事に興味を持つ可能性は低いです。

 

 

サイドバーに設置しなくてよいウィジェット

サイドバーに設置しなくてよいウィジェットはつぎの2つです。

  • メタ情報
  • アーカイブ

トレンドブログのサイドバーにメタ情報とアーカイブはいらない

 

「メタ情報」のウィジェットは設置しない

まず「メタ情報」のウィジェットは表示しないようにしましょう。

「メタ情報」を設置すると、管理者がログインするための「ログイン情報」などが表示されてしまいます。

読者さんには関係ない情報なので必要ないですね。

 

「アーカイブ」のウィジェットも必要ない

無料ブログでよく見かける「月間のアーカイブ」のウィジェットも必要ないでしょう。

あなたのサイトを訪れてきた読者さんが「2019年の●月の記事を探したい」と思うことはまずないです。

「このブログは毎月こんなに更新しています!」というアピールは、読者には必要ないで「アーカイブ」のウィジェットはいらないと言えます。

サイドバーに余計なウィジェットをあれこれ設置しない

 

 

サイドバーより「記事下」が超重要な理由

サイドバーはシンプルな構成でOKです。

理由は「閲覧しているユーザーの多くがスマホで見ている」から。

 

ではスマホで閲覧しているユーザーに対して、別の記事も読んでもらえるように「回遊率を高めるため」にはどうしたら良いのでしょうか・・・?

その答えは「記事下」にあります。

スマホユーザーの回遊率を上げるためには「記事下」が超重要なんです!!

 

ポイント

トレンドブログの場合は、とにかく記事下が重要!

 

記事を読み終えた人はどう行動するか?

あなたのサイトの記事に訪れたユーザーは、記事を読み終えた後につぎの行動のどれかをするはずです。

  • ブラウザを閉じてしまう
  • GoogleやYahooに戻って何か別の検索をする
  • アドセンスをクリックする
  • サイト内の別の記事を閲覧する

できれば最後の「サイト内の別の記事を閲覧する」という行動を取って、回遊率を高めて欲しいですよね。

なので「記事下」に、そのユーザーにとって「興味のある関連記事」のリンクを置いておきましょう。

 

そもそもその記事に興味があって検索して訪れてきたユーザーなので、その記事に関連した記事をダイレクトに紹介するのが一番クリックされる確率が高いわけです。

「記事の直下」にこんな感じで貼り付けます。

記事の直下に関連する記事を紹介する

 

「記事の直下」に関連する話題の「別の記事」をズバリ紹介するとよいでしょう。

最近のWordPressのテンプレートなら、「記事カード」のような感じで目立つようにリンクを貼れますのでぜひ活用してください。

記事の最後に関連する話題の「別の記事」を直接紹介しよう

 

おすすめのグループ記事を記事下に紹介してもOK

「記事下」に関連する別の記事を紹介すると、訪問した読者さんの回遊率が上がることをお伝えしました。

さらに応用編として、「おすすめのグループ記事」を紹介しても回遊率が高まります。

 

たとえばアイドルグループのメンバーについて、一人一人記事を書いていたとしましょう。

その場合、各メンバーの記事の「記事下」にはそのグループメンバーをリスト化してリンクを紹介してみてください。

記事の直下にグループのメンバーの記事を紹介する

 

サイドバーで紹介するより、はるかに回遊率は高まります。

またウィジェットで設定する「関連記事」の一覧よりも確実にクリックされやすいですよ。

 

なのでサイドバーに凝るよりも、「記事下」から誘導する内部リンクにこだわった方が回遊率は高まります。

「記事最後の直下」は、読者にとって目につく場所!

 

 

まとめ

トレンドアフィリエイトでのサイドバーの位置づけについてお伝えしました。

サイドバーにはつぎの3つが表示されていればOK。

サイドバーに表示するウィジェット

  1. アドセンス広告
  2. 人気記事
  3. カテゴリー

 

そしてサイドバーに凝るより、記事下に「関連する内容の記事」を直接紹介することが重要ですね。

 

トレンドアフィリエイトの場合は、スマホで見るユーザー率が高いので、あくまでも「スマホで見た場合」を想定しながらサイトの構成を考えると効果的です。

スマホユーザーから見たらサイドバーはあくまでも「記事下その2」の位置づけ。

ならば回遊率を上げるために、記事の最後に位置づけられる「記事の直下」から別記事への誘導に注力していきましょう。

サイドバーはシンプルにしてしまっても十分稼げるので大丈夫ですよ!

 

-ブログビジネス

Copyright© もとき公式サイト , 2020 All Rights Reserved.