5つのじぶんビジネスの「はじめやすさ」と「稼ぎやすさ」を徹底比較

5つのじぶんビジネスの「はじめやすさ」と「稼ぎやすさ」を徹底比較!

「1人ではじめるビジネスには、いったいどんなものがあるのか知りたい!」

「それぞれのビジネスの稼ぎやすさとか難易度とかは?」

「どんなビジネスがどれぐらい稼げるの?」

 

じぶん1人でビジネスをはじめると言っても、最初はいろいろと悩んでしまいますよね。

そこで、1人でもはじめることができる「5つのビジネス」について、いろいろと比較・検討してみました。

5つのビジネス

  1. ブログ
  2. サイトアフィリエイト
  3. クラウドソーシング
  4. 転売・物販
  5. FX・投資・仮想通貨

 

この5つのビジネスは、よく世間で言われる「1人で稼げるビジネス」です。

これらのビジネスについて、つぎの4つの指標で比較しています。

  • 初期投資の低さ
  • 稼げるまでの早さ
  • 稼げる額の大きさ
  • 資産性の大きさ

 

この比較・検討に関する解説を読めば、あなたのいまの状況によって

「何からはじめたらよいか?」

がわかるようになっています。

 

あなたが「どんなじぶんビジネスからはじめるか?」の判断材料にしてもらえればと思います。

 

 

比較するための「4つの指標」の見方について

「ブログ」、「サイトアフィリエイト」、「クラウドソーシング」、「転売・物販」、「FX・投資・仮想通貨」について評価している「4つの指標」の見方はつぎの通りです。

指標 評価 内容
初期投資の低さ

星が多いほど、初期投資の金額が低い
稼げるまでの早さ 星が多いほど、早く稼げる
稼げる額の大きさ 星が多いほど、たくさん稼げる
資産性の大きさ 星が多いほど、収益が持続する

 

初期投資の低さ

はじめてビジネスを行う場合は、初期投資の低さはとても重要です。

あなたは多額の借金をして会社を立ち上げるようなことを考えてないですよね。

 

まずは最小の初期投資で、徐々に稼いでいけるビジネスをはじめるのが賢い選択です。

いきなり貯金を大きく切り崩したり借金をしてはじめても、もし稼ぐことができなかった場合は初期投資すらも回収できない可能性があります。

 

1人ではじめる規模のビジネスの場合は「初期投資の低さ」はとても大切

 

稼げるまでの早さ

せっかくビジネスをやるならば

「少しでも早く稼ぎたい!」

って思いますよね。

 

収入を得るためにはそれなりの努力を継続する必要があるけど、ビジネスによって稼げるまでの早さが変わってきます。

最初に「稼げるまでの早さ」を理解しておかないと、途中で諦めてしまったり継続するのがイヤになってしまうことが多いです。

 

まずは「稼げるまでの早さ」をしっかり理解する

 

稼げる額の大きさ

1人ではじめるビジネスは、内容によって稼げる額の大きさが変わってきます。

どのビジネスも絶対的な上限額があるわけではないけど

「だいたいこれぐらいが目安かな」

っていう金額があります。

 

「スキルがあがったのにそもそも全然稼げない」

では困りますよね。

 

事前にそれぞれのビジネスについて稼げる金額を知っておく

 

資産性の大きさ

「資産性」とは「収益が継続するかどうか」を表しています。

たとえば「クラウドソーシング」の場合は、仕事の受注をやめたら当然収入は無くなります。

なので「クラウドソーシング」は、仕事を継続し続けないと「収益が持続しない」ということです。

 

資産性が大きいビジネスは、一度資産化してしまえば作業時間を減らしても収益が継続します。

 

1人でやるビジネスは資産性が大きい方がよい

 

 

①「ブログ」は初心者には一番稼ぎやすい【一番おすすめ!】

指標 評価
【ブログ】
初心者には一番稼ぎやすい
初期投資の低さ
稼げるまでの早さ
稼げる額の大きさ
資産性の大きさ

 

今回あげた5つのビジネスの中では「ブログ」が一番稼ぎやすくておすすめです。

 

「ブログ」の初期投資の低さ

ブログは何と言っても「初期投資」がほとんどかからないというメリットがあります。

パソコンとネット環境があれば、いつでもブログをはじめることができます。

 

5つのビジネスの中では比較的身近で、すでに趣味でブログをやっている人もいるぐらいですよね。

ブログの場合の初期投資は、ドメイン取得費用の1,000円程度と月1,000円程度のサーバー代だけです。

 

「ブログ」の稼げるまでの早さ

ブログで稼げるまでの早さは、比較的早いほうです。

ただ稼ぐためのスキルを知らないと、いつまでたっても稼げないのがブログですね。

逆に一度稼げるようになると再現性を持って稼ぐことができるので、2回目以降に立ち上げたブログの方がより収益化が早くなります。

 

経験を積めば積むほどスキルがアップして、収益化できる早さも早くなっていきます。

 

「ブログ」の稼げる額の大きさ

ブログの収益は主に「Google アドセンス」という広告による収入です。

ブログの記事の中にGoogleが提供する広告を貼り付けて、クリックされたら収益が上がる仕組みです。

1クリックの単価は数十円~数百円程度なので、ブログに大量のアクセスを集める必要があります。

 

なのでアクセスを集める方法を身につければ、収益は右肩上がりで増えていくのが特徴です。

まずは手堅く月10万円を目指して、その後ブログの記事更新を続けることで月に数十万円稼ぐことが可能です。

 

「ブログ」の資産性の大きさ

ブログはジャンルの内容によって資産性が大きくなります。

比較的トレンド的な内容の記事を更新し続けた場合、収益化は早いけど資産性は低くなります。

逆にあるジャンルに特化して専門的な記事を更新し続けた場合は、収益化は遅くなりますが資産性は高くなります。

 

「ブログのサイトを構築するのに時間はかかってもいいので、一度構築したらずっと収益が続く方が良い」

という場合は、特定のジャンルに特化したブログ構築をおすすめします。

 

 

②「サイトアフィリエイト」はかなりの知識とスキルが必要

指標 評価
【サイトアフィリエイト】
かなりの知識とスキルが必要
初期投資の低さ
稼げるまでの早さ
稼げる額の大きさ
資産性の大きさ

 

サイトアフィリエイトは一発当たれば大きな収益が上がりますが、稼げるまでにかなり時間が掛かります。

 

「サイトアフィリエイト」の初期投資の低さ

サイトアフィリエイトは、ある特定の商品を売るためにそのジャンルの記事を網羅して作成するサイトです。

初期投資はブログと同じなので、誰でもはじめやすいビジネスです。

ブログと同様にパソコンとネット環境があれば、いつでもサイトアフィリエイトをはじめることができます。

 

サイトアフィリエイトの場合の初期投資は、ドメイン取得費用の1,000円程度と月1,000円程度のサーバー代だけです。

 

「サイトアフィリエイト」の稼げるまでの早さ

サイトアフィリエイトの一番の欠点は「稼げるまでにかなりの時間が掛かる」ということです。

サイトアフィリエイトで稼ぐためには、かなりの激戦の中で「ライバルに勝つ」必要があります。

基本的にライバルは上級者が多いため、「ライバルに勝つ」までにとてつもない時間がかかります。

 

早くて半年。

長ければ1年以上かけないと収益が上がりません。

しかも結局ライバルに勝てなかった場合は「1年間かけてサイトを構築したけど諦める」っていうこともよくある話です。

 

「サイトアフィリエイト」の稼げる額の大きさ

サイトアフィリエイトの一番の魅力は「稼げる金額の大きさ」です。

収入源はASPという案件型広告収入で、あなたが紹介した商品が読者に購入された場合に、あなたに一定の金額が支払われる仕組みです。

この報酬額が1件当たり1,000円~数万円のものがあり、これが月に何件も成約するとかなりの収益額になります。

 

しっかり稼げれば月10万円以上どころか月100万円以上稼ぐアフィリエイターもいます。

ただ繰り返しますが・・・「激戦」です。

 

「サイトアフィリエイト」の資産性の大きさ

サイトアフィリエイトの場合、一度稼げるサイトを作ってしまえば継続して収入を得ることができます。

なので資産性はかなり大きいです。

ただ最近はGoogleによるアルゴリズムの変動によって、収益額が大きく減少することが増えてきました。

この傾向は今後も続くと思われます。

 

「もうアフィリエイトは辞めた・・・」

っていう人が最近増えてきたのは、サイトアフィリエイトで稼いだ収益が以前ほど長続きしなくなってきたからです。

 

 

③「クラウドソーシング」はしっかりやれば稼ぐことができる

指標 評価
【クラウドソーシング】
しっかりやれば稼ぐことができる
初期投資の低さ
稼げるまでの早さ
稼げる額の大きさ
資産性の大きさ

 

クラウドソーシングは、クラウドワークス、ランサーズなどで単発業務を受注することで収入を得る仕組みです。

 

「クラウドソーシング」の初期投資の低さ

クラウドソーシングは受注する案件によるけど、基本的にパソコンとネット環境があればすぐにはじめることができます。

比較的大手のクラウドソーシングは、クラウドワークスやランサーズです。

どちらも簡単に無料で登録することができるので、初期投資をすることなく準備を進めることができます。

 

「初期投資を1円もしたくない」

っていう場合はクラウドソーシングがいいかもしれません。

 

「クラウドソーシング」の稼げるまでの早さ

クラウドソーシングでは依頼されたお仕事を行って納品することで収入を得ることができます。

なので案件によるけど、すぐに納品できる仕事ならば数日でお金を稼ぐことが可能です。

クラウドソーシングにはいろいろなジャンルの仕事が募集されているので、特別なスキルが必要のないお仕事ならば、明日からでも受注することができますね。

 

案件によっては納品するまでに日数が掛かったり、高いスキルが必要な場合があるので、あなたのスキルや希望に合わせて案件を選んで受注することがポイントです。

 

「クラウドソーシング」の稼げる額の大きさ

初心者の場合、クラウドソーシングで稼げる金額はそこまで高くありません。

最初のうちは実績がないので、あまり高い金額で受注するのは難しいです。

とくに人気のあるお仕事は値段をたたかれやすいので、受注単価が低くなる傾向があります。

 

逆に自分で最初からスキルを持っている人は「ココナラ」とかで自分を高く売り込むことも可能です。

ただ初心者の場合は、収入額は月数万円程度が相場と考えてください。

 

「クラウドソーシング」の資産性の大きさ

クラウドソーシングの場合は、基本的に資産性はありません。

お仕事の受注をやめたら、その時点で収入はゼロになるからです。

お仕事をたくさんこなすことによって「スキルの向上」という自分の資産を手にすることはできるけど、基本的にお仕事を受注しないとお金は入ってきません。

あくまでも「自分の時間の切り売り」なので、資産性はないと思ってください。

 

 

④「転売・物販」は初期投資できる人はOK

指標 評価
【転売・物販】
初期投資できる人はOK
初期投資の低さ
稼げるまでの早さ
稼げる額の大きさ
資産性の大きさ

 

転売・物販は初期投資ができる人には稼げるビジネスです。

 

「転売・物販」の初期投資の低さ

転売・物販は「商品」を仕入れて、その仕入れに利益を乗せて販売することで収益を得る仕組みです。

どうしても「最初に在庫を仕入れる」必要があるので、初期投資が必要になってきます。

なので初期投資ができない場合は、物販・転売で大きく稼ぐのにとても時間がかかります。

 

在庫を仕入れる資金がない人のために

  • クレジットカードの自転車操業
  • 規定を違反した無在庫による販売

などいろいろな手法があるけど、どれもギリギリの方法です。

 

また仕入れた在庫が売れ残った場合、赤字になってしまうのでリスクがあるのも転売・物販の特徴です。

 

「転売・物販」の稼げるまでの早さ

転売・物販は売れる商品さえ仕入れることができれば、収益を得るのは比較的早い方です。

確実に売れることがわかっていれば、販売を開始してすぐに売れるので仕入れ代金を回収してすぐに収益を上げることができるでしょう。

 

ただ「確実に売れる」商品を見つけるスキルを身につけるまでが大変なので、実質的にはスキルが身につくまではなかなか稼げないと思っておいてくだい。

あと稼げるまでの早さとは関係ない話だけど、欠陥品に対するクレーム対応や返品対応も発生するので、ビジネスがうまく回る仕組みづくりをするまでにはある程度時間がかかると思ってください。

 

「転売・物販」の稼げる額の大きさ

転売・物販は「仕入れ額+利益=販売額」なので、売る商品の金額によって稼げる金額が変わってきます。

また商品の単価だけでなく販売個数が増えれば、右肩上がりで収益があがっていくのも転売・物販の特徴です。

 

商品を売って手に入れた収益を、また商品の仕入れに投資して、売れたらまた商品の仕入れに投資して・・・

を繰り返していくことによって、より大きな金額を稼いでいくのが転売・物販です。

ノウハウを身につければ、あとは作業時間次第で数万円~数十万円の収益を上げることができます。

 

ただ収益額を上げるためには規模を拡大する必要があるので、どこかで法人化したり従業員を雇ったりする決断をする必要が出てきます。

なので1人で行うビジネスとしてはどこかで限界がきてしまうのも転売・物販の特徴です。

 

「転売・物販」の資産性の大きさ

転売・物販は基本的に資産性はないと思ってください。

仕入れた商品自体が資産だけど、全部売り切ったらそれで終了です。

仕入れや販売の作業をやめたら、そこから収益が上がることはないので資産性はないですね。

 

転売・物販に関するノウハウは蓄積されるので、手に入るのはスキルという資産だけです。

 

 

⑤「FX・投資・仮想通貨」は投資額に応じた損益がある

指標 評価
【FX・投資・仮想通貨】
投資額に応じた損益がある
初期投資の低さ
稼げるまでの早さ
稼げる額の大きさ
資産性の大きさ

 

FX・投資・仮想通貨は初期投資が絶対に必要なビジネスで、収益だけでなく損失も発生する可能性があります。

 

「FX・投資・仮想通貨」の初期投資の低さ

FX・投資・仮想通貨は最初に初期投資が発生します。

初期投資の金額は自分で選ぶことができるけど、投資額が少なければそれだけリターンも少なくなる傾向があります。

少ない投資額でハイリターンが得られればベストだけど、なかなかそうもいかないのが投資です。

 

ある程度確実にリターンを求めるならば、それなりの投資額が必要になってきます。

ここであげた5つのビジネスの中では、一番初期投資の金額が大きいと言えます。

 

「FX・投資・仮想通貨」の稼げるまでの早さ

FX・投資・仮想通貨の種類ややり方によって稼げるまでの早さが変わってきます。

日々、売り買いを繰り返すようなトレードの場合は1日単位で収益をあげることができます。

逆に長期的な投資の場合は、年単位で収益があがることになります。

 

これはどんな投資を行うかによってピンキリなので、生活環境に合わせて投資の種類を選びましょう。

分刻みで売り買いを繰り返すような投資は、一日中パソコンにかじりつく必要があるので副業とかには向いてないですね。

 

「FX・投資・仮想通貨」の稼げる額の大きさ

投資する金額や投資の種類によって稼げる金額は大きく変わってきます。

ただ傾向として、投資額の大小によって収益も比例して大きくなったり小さくなったりします。

 

また投資の一番のデメリットは「損失」が発生する場合があるということです。

相場の変動によって投資額を回収できない場合、損失が発生して収支が赤字になってしまいます。

この場合、投資額が大きいほど損失額も大きくなるので、資金に余裕がある人しか向いていないビジネスと言えます。

 

「FX・投資・仮想通貨」の資産性の大きさ

FX・投資・仮想通貨は、そもそも扱う商品が「資産」なので「資産性はある」と言えます。

ただ資産自体の価値が変動するので、必ずしも収益が約束された資産ではありません。

長期保有目的の投資ほど資産性は大きくなるけど、それだけ高額な投資額が必要になってきます。

 

またFX・投資・仮想通貨の場合は勉強することによってある程度はノウハウを蓄積することができるけど、「自分の力ではどうにもならない」要素があるのも事実です。

思わぬ場面でいきなり資産価値が下がることもあるので、リスクのあるビジネスと言えますね。

 

 

まずは「ブログ」からはじめてみるのが賢い選択

まずは「ブログ」からはじめてみるのが賢い選択

 

ここまで解説した5つのビジネスについて改めて比較してみましょう。

 

ブログ サイト
アフィリエイト
クラウド
ソーシング
転売・物販 FX・投資・
仮想通貨
初期投資の低さ
稼げるまでの早さ
稼げる額の大きさ
資産性の大きさ
合計ポイント 17 16 14 13 12

 

それぞれの星の数を合計したところ、一番ポイントが高いのが「ブログ」です。

1人でビジネスをはじめるための大切な4つの要素である

  • 初期投資の低さ
  • 稼げるまでの早さ
  • 稼げる額の大きさ
  • 資産性の大きさ

をそれぞれバランスよくしっかりと網羅しているからです。

 

じぶんビジネスをはじめようとする場合、会社に勤めながらの副業であったり、家事や子育てをしながらスキマ時間で行うケースがほとんどだと思います。

なのでできれば

  1. 初期投資が低くて
  2. 金銭的なリスクがなく
  3. やればやるだけ資産が積み上がていく

ようなビジネスを選ぶことでポイントですね。

 

そして・・・

これらの条件を満たしているのが「ブログ」です。

あなたがもしも

「これからじぶんビジネスをはじめたい!」

って考えているならば「ブログ」からはじめてみるのが賢い選択です。

 

Copyright© もとき公式サイト , 2020 All Rights Reserved.